出産後 むだ毛処理

出産後だからこそ、気にしたいむだ毛処理のこと

女性の身体は妊娠と出産を境に大きく変わります

出産後 むだ毛処理

そのなかでも代表的に表れる変化は、体型や体重などの変化

 

生理の周期・生理痛の変化、食べ物の好みの変化、毛髪に関連する変化などがあります。

 

出産を境に変わる理由として女性ホルモンの分泌状態が変わることが原因と言われています。

 

例えば分かりやすい事例としては、妊娠中から出産後にかけて便秘になりやすいことも女性ホルモンの分泌状態の影響でもあります。

 

特に毛髪に関連する変化は、妊娠中(安定期頃)から目に見えて表れる方が多いと言われています。

 

この変化は『むだ毛が増える人』と逆に『むだ毛が減る人』
どちらかに分かれます。

 

むだ毛ケアは女性の身だしなみに欠かせず『むだ毛が減る人』は、嬉しい変化ですが『むだ毛が増える人』にとっては、ちょっとした悩みのタネが増えてしまいます。

 

気になるむだ毛のケア方法の選択肢としては

  1. カミソリ・シェーバー・毛抜きを使う
  2. 脱毛・除毛クリームを使う
  3. 脱毛エステやクリニックに通う
  4. 家庭用脱毛器を使う

このような方法がありますが、お母さんが出産後のムダ毛を脱毛処理をされる方法として
当サイトが1番オススメするのは家庭用脱毛器を使う方法です。

 

ネット通販の家庭用脱毛器の特徴比較一覧

 

なぜ、出産後のむだ毛処理に家庭用脱毛器がよいか?

出産後 むだ毛処理

こちらは、それぞれのむだ毛ケアのメリットとデメリットについてです。

 

出産後 むだ毛処理1.カミソリ・シェーバー・毛抜きを使う
時間はかかりますが、コストが少なくむだ毛を処理できます。
しかし、よけいに、むだ毛が濃くなることや肌が傷ついて色素沈着や埋没毛になる場合があります。

 

2・3時間ごとの赤ちゃんのおっぱいやオムツで頑張っているお母さんなら、そんな時間があるなら、少しでも身体を休めたいというのが、本当に正直な正直な気持ちではないでしょうか?

 

出産後 むだ毛処理2.脱毛・除毛クリームを使う
カミソリのように、肌を痛める事もなく、手軽なむだ毛の脱毛方法と言われています。
最近の脱毛・除毛クリームは主成分が天然成分として使われている事をアピールした製品が増えていますが

 

本当に、このような製品は安全でしょうか?

 

最近の話で有名メーカーの天然成分であるお茶の葉を配合としてアピールしていた洗顔石鹸が、アレルギー問題で大騒ぎになったことは記憶に新しいと思います。

 

洗顔石鹸は肌の汚れ(メイク・古い角質・毛穴の黒ズミ)などを落とす製品ですが、除毛・脱毛クリームは、タンパク質(毛や爪の主成分)を溶かす製品です。
本人がアレルギーや肌を痛めてしまうのは仕方ない(明らかに製造元が悪い)と納得できるかもしれませんが、赤ちゃんを母乳で育てられているお母さんは不安になりませんか?

 

出産後 むだ毛処理3.脱毛エステやクリニックに通う
むだ毛処理を脱毛する専門家に施術をしてもらうので1番確実です。
しかし、ご存知の通り、必要なお金と通う時間が大きくかかります。
経済的・時間的に余裕があり、赤ちゃんが安心する人に預けられる方にオススメかもしれませんが、残念ながら出産後すぐにむだ毛処理を受け付ける脱毛エステは、ほとんどありません。

 

条件的に脱毛エステやサロンに通えない人

出産後 むだ毛処理4.家庭用脱毛器を使う
最近の家庭用脱毛器はクリニックや脱毛エステが採用している、フラッシュ式(IPL方式)が主流です。

 

フラッシュ式(IPL方式)の脱毛は、今まで主流だったニードルやレーザーと違い、1度に脱毛できる範囲が広いことや肌への負担(痛み)が少ないことが特徴です。

 

ちなみに、照射面積が広いので片ワキを脱毛するのに約3分しかかかりません。

 

クリニックやエステと同じ方式で自宅で短時間で脱毛できる家庭用脱毛器なら、一生懸命頑張っているお母さんと赤ちゃんにも負担をかけることなく脱毛できるはずです。

 

出産後のむだ毛処理にケノンが1番良い理由

出産後のむだ毛処理にケノン

IPL式(フラッシュ式)の家庭用脱毛器は、色々なメーカーで販売されています。

 

その中で家庭用脱毛器のケノンは、国産メーカーでは楽天家電ランキング1位記録を更新中で、脱毛機能だけでなく美顔機能まで付いるり高性能な家庭用脱毛器と言われてます。

 

それは、脱毛エステやサロンが出産後の施術を断る大きな理由に、ホルモン分泌と密接に関連している肌コンディションの揺らぎやすさがあります。

 

しかし、もともとケノンは国産メーカーが日本人の肌質に合わせて作られていますが、さらにむだ毛を処理するIPL光の照射出力を10段階で調整できるのです。

 

また、フラッシュ式(IPL方式)は、光を利用してむだ毛や毛根(毛包)部分にダメージを与えて脱毛します。

 

そのため『肌の負担がまったく無い』といった家庭用脱毛器は存在しません。

 

しかしケノンは、先程の出力10段階調整だけでなく、1回のIPL光照射(1ショット)だけで毛根にダメージを与えるだけでなく、それをお肌に負担が掛からないように分散させる6連射ショットも選択できるのです。

 

そのため、一般的なフラッシュ式(IPL方式)の脱毛器より『肌への負担』が少ないので、揺らぎやすい出産後のお肌にも使いやすいのです。。

ホクロ周辺にフラッシュを照射する場合は充分注意してください。
ホクロをメラニン色素と認識したフラッシュがホクロを焼いてしまうことがあります。
ホクロ周辺にフラッシュを当てる場合は、ホクロにパッチ(絆創膏)などを貼り付けて
充分にホクロを保護するようにしてください

 

出産後のお母さんは赤ちゃんを育てることに一生懸命で本当に疲れきっています。
そして、身体が疲れきっている状態は、当然、肌の状態も良くありません。

 

そんな時に少しでも肌に負担がかかる、むだ毛処理は色々な面でかえって逆効果です。
お母さんにかかる負担は、そのまま赤ちゃんにかかる負担になってしまいます。

 

それは負担が少ないことで、最新の脱毛エステやクリニックが採用している、フラッシュ式(IPL方式)のむだ毛処理の脱毛でも同じです。

 

出産後のお母さんが、むだ毛の脱毛をされる場合は負担が少ない家庭用脱毛器の中でも、特に優しいだけでなく、消耗品などのコスパも良いケノンがオススメです!

ネットでも人気が高い家庭用脱毛器のリアルなコスト計算

出産を境に女性の大半が出産前に比べると大きな変化が現れます。
主な理由としては、女性ホルモンの分泌量が出産前に比べて大きく変化する為とも言われています。
例えば、代表的なことでは、体型や体重などの変化、食べ物の好き嫌いの変化、毛髪に関連する変化などです。
特に毛髪に関する内容は女性ホルモンの分泌に依存しているために大きな変化があると言われています。
その中でも出産後にむだ毛が今まで以上に増えたという方も多いと言われています。
実際に出産後のむだ毛処理をしようと思っても、脱毛エステだと金額的なことや時間的なこと、さらに産まれて間もない赤ちゃんから離れることに不安を感じる方がほとんどだと思います。
また、市販されているむだ毛を処理できる脱毛クリームもありますが、例え天然成分配合や無添加と言われても、実際はどな成分が配合されているかも分からないし、母乳で赤ちゃんを育てられている方は母乳への影響が心配。
カミソリなどを使ってむだ毛の処理をしようと思っても、そんな時間があれば少しでも身体を休めたいのが本当のところだと思います。
そんな出産後のむだ毛処理で悩まれている方に、家庭用脱毛器のセンスエピを紹介します。
センスエピは、脱毛エステ並(脱毛エステが採用しているIPLレーザー方式)を採用している家庭用脱毛器です。
家庭用脱毛器センスエピは、40,000円を切る価格でありながら自分の肌への負担や痛みもなく、なによりも赤ちゃんへの負担がまったくなく自宅で簡単に出産後のむだ毛処理ができます。

 

便秘解消を即効にするための情報サイト